コロナウイルス:抗体を持っている人が予測よりも少ない

学童と教師を対象に実施された研究では、コロナウイルスに対する抗体を持っている人が、想定よりも大幅に少ないことが示されました。 (画像:オクサナ・クズミナ/stock.adobe.com)

コロナ:予防接種率が予想より低い

世界中の研究者が、新型コロナウイルス SARS-CoV-2 に関連して、いわゆる抗体研究を行っています。結果は、病気と免疫の経過に関する情報を提供するのに役立つはずです。ドイツの研究は現在、次のことを示しています。 予防接種の程度が予想よりも大幅に低い。

'

連邦保健教育センター (BZgA) によると、専門家は、回復した患者が 2 度目に COVID-19 に感染するリスクは低いと想定しています。科学的研究によると、感染後、人々はコロナウイルス SARS-CoV-2 に対して特定の抗体 (内因性防御物質) を生成し、実験室でのテストでウイルスを中和できることが示されています。しかし、どうやら抗体を検出できる人はほんの一握りのようです。

現在の免疫状態に関する情報

ドレスデン工科大学 (TU) の医学部とドレスデン大学病院のカール グスタフ カルスは、2020 年 5 月にザクセンの学校での SARS-CoV-2 ウイルスの拡散に関する研究を開始しました。 2,000 人を超える参加者が参加した最初のテスト フェーズの結果は、現在の通信で公開されています。

情報によると、これはドイツでこれまでで最大の研究であり、封鎖後の学校再開の一環として、何人の生徒と教師がSARS-CoV-2ウイルスに対する抗体を持っているかを記録することになっています。そして、その広がりが時間とともにどのように変化するか。

数字は、教師と生徒の現在の免疫状態に関する情報を提供します。したがって、彼らはまた、学校の運営が夏休み後にどのように継続できるかについての重要な手がかりも提供します。

少数でしか検出されない抗体

検査された2,045個の血液サンプルのうち、SARS-CoV-2コロナウイルスに対する抗体が疑いなく検出できたのは12個だけでした。これは、研究参加者のグループの予防接種の程度が 1 パーセント (0.6 パーセント) を大きく下回り、予測よりも低いことを意味します。

ウイルス拡散のダイナミクスが過大評価されている

研究リーダーであるラインハルト・バーナー教授が率いる研究者は、大学クリニックのカール・グスタフ・カルスの小児および思春期医療のためのクリニックおよびポリクリニックのクリニックディレクターであり、家族内でのウイルスの動的拡散に関して肯定的な結論を引き出しています。これは明らかにこれまで過大評価されてきた。研究参加者の24家族で少なくとも1人のコロナ症例が確認されたが、抗体は被験者の1人でしか検出できなかった。

学校はホットスポットにならなかった

メッセージによると、調査した3つの学校でコロナの症例が確認されました。それにもかかわらず、関連する教育機関の教師と生徒の間で検出可能な抗体の平均以上の増加はありませんでした。これは、学校がホットスポットに発展していないことを示唆しています。

5 月と 6 月に、ドレスデンのカール グスタフ カルス大学病院の医師は、ドレスデンとバウツェン、ゲルリッツ地区の 13 の中等学校の生徒と教師から合計 2,045 の血液サンプルを調べました。

これらのサンプルのうち、1,541 人は学童からのもので、主に 8 ~ 11 年生でした。また、30歳から66歳までの総勢504名の先生方にご参加いただきました。調査への参加者の男性と女性の割合は生徒の間でほぼ同じでしたが、教師は 70% の割合で優勢でした。

無症状で症状のない感染症はほとんどありません

既往歴によると、5人の研究参加者は、自分自身が以前にSARS-CoV-2ウイルスの陽性反応を示したことがあると述べました。家族の一員が以前に陽性反応を示した世帯も 24 世帯ありました。

ドレスデン大学病院の医師は、各被験者の腕の静脈から 5 ミリリットルの血液を採取しました。 「すべてのサンプルは、標準化され承認された抗体検査を受けました。これは機械に適しており、血清中の SARS-CoV2 ウイルスのスパイクタンパク質に対する抗体を識別します」とドレスデン工科大学医学部ウイルス学研究所のアレクサンダー ダルプケ教授は説明しています。

抗体は、ウイルス学研究所の 2,045 サンプルのうち 12 サンプルで明確に検出されました。 12 例のうち 5 例では、既知のコロナウイルス感染が確認されており、7 例では、感染が事前に知られていませんでした。報告されていない感染症の症例数は、研究参加者の間で 2 人強です。

「2020年3月と変わらない免疫状態で2020年夏休みに入ります。検査された 2000 を超える血液サンプルのうち、抗体が検出されたのは 12 件のみで、これは 1% をはるかに下回る割合に相当します。これは、これまでのところ、私たちが調査した生徒と教師の間で、無症状で無症状の感染が、私たちが考えていたよりも少ない頻度で発生していることを意味します」とラインハルト・バーナー教授は結論付けています。

ロックダウン前に判明した感染症

また、少なくとも 1 件のコロナ感染が確認された 24 世帯では、明らかに 1 回の感染のみが発生し、その後、対応する抗体が検出されるようになったことも注目に値します。

「これらのテスト結果は、家族内のウイルス感染が以前に想定されていたほど動的ではないことを示しています。調査された20人以上の被験者で、家族に少なくとも1人のコロナ症例が証明されました。しかし、抗体が見つかったのはこれらの研究参加者の 1 人だけでした。これは、家庭内で感染したにもかかわらず、学童の大半が自分自身で感染を経験していないことを意味します。この調査結果は、接触を制限する措置について新たな決定を下す必要がある場合にも考慮に入れる必要があります」とバーナー教授は述べています。

情報によると、8 年生から 11 年生の生徒の大半は、両親の家や、おそらく一般法令の要件からもほとんど独立して移動するため、意図的に研究のために選ばれました。さらに、ロックダウン前に SARS-CoV2 感染が判明していることがわかっている学校が、調査のために意図的に選択されました。

「幸いなことに、選択した年齢層と調査した学校では、ロックダウン前または再開後にホットスポットが発生しなかったことを確認できました。生徒の 5 人に 4 人、つまり 80% が、クラスや家族を超えて定期的に社会的接触を持っていると述べています。それもまた、ウイルスのさらなる拡散につながらなかったようです」とバーナー教授は説明します。

抗体検査の陽性は、一律ではない

ラインハルト・バーナー教授によると、13校での2回目の大規模な一連の検査は新学期の初めに計画されており、3回目は感染率に応じて2020年末または2021年初めに実施される予定です。博士と一緒にジェイコブ・アーマンが研究の責任者であり、ウイルス学研究所のダルプケ教授が血液サンプルの評価を担当しています。

科学者たちは共同して、抗体検査の陽性反応を許可証とみなすことに対して警告を発した。 「さらに、すべての検査には、実際には存在しないと思われる抗体を示す、いわゆる偽陽性の結果もあります。したがって、私たちは肯定的な結果をさらに 2 つのテストにかけました」とダルプケ教授は説明します。

3 つの手順のうち 2 つが陽性だった人だけが、抗体保有者として分類されました。したがって、ウイルス学者によると、プロセスの過程で抗体の発生を調べることが重要です。 (広告)

タグ:  薬用植物 内臓 自然療法