医師の警告: 陰毛の除去は厄介な怪我の原因となる

陰毛を剃ることは今や一般的な美容の理想ですが、性感染症のリスクを高めるようです。 (画像:creativefamily / fotolia.com)

陰部のトリミングの危険性は何ですか?
現在、多くの若者にとって、陰毛の除去は完全に正常です。問題は、陰部のそのようなケアが怪我につながる可能性があるかどうかです。研究者は現在、毎年何千人もの人々が陰毛を剃ったりワックスがけをしたりして怪我をしていることを発見しました。これらの怪我は、時には入院しなければならないほど深刻です。

'

カリフォルニア大学、テキサス大学デル医科大学、ワシントン大学医学部の研究者は、調査の結果、陰毛を剃ったり伸ばしたりすることで怪我をする人が増えていることを発見しました。医師は、研究結果をジャーナル「JAMA Dermatology」に発表しました。

現在、陰毛のシェービングが普及しています。科学者は現在、陰部のトリミングが怪我の可能性を高めるかどうかを分析しています。 (画像:creativefamily / fotolia.com)

研究者は 7,500 人以上の参加者からのデータを評価します
この調査では、7,570 人のボランティアを対象に、陰毛の除去について調査が行われました。参加者は 18 歳から 65 歳まででした。調査中、専門家は、すべての陰毛を除去し、頻繁に脱毛することが怪我の原因となる可能性が最も高いことを発見しました。この調査では、参加者に陰毛の手入れの習慣とそれに関連する怪我について質問しました。次に、結果を分析して、問題の程度と性質を判断しました。これにより、怪我のリスクを高める事実を特定する必要があります。

陰毛を脱毛する人が増えているのはなぜですか?
近年、陰毛の脱毛が一般的になってきました。これは、この種のケアの方が衛生的であるという誤った考えが原因である可能性があります。一部の専門家は、陰毛の除去をポルノの影響によるものと考えており、性器を剃るのが一般的です。

女性は怪我の影響を受けやすい
研究者たちは、彼らの研究で、調査に参加した男性の 66.5% と女性の 85.3% が陰毛を除去またはトリミングしたことを発見しました。このうち、1,430 人 (25.6%) が陰部のケア中に怪我をしました。怪我は女性の被験者に影響を与える傾向がありました (27.1%)。しかし、男性の場合、その値はわずか 23.7% でした。しかし、ほとんどの怪我は非常に軽微で、医療処置が必要な怪我はわずか 1.4% でした。

陰毛の除去は性感染症を助長する
発生した最も一般的な怪我には、切り傷、火傷、発疹、感染症が含まれます。ワックス脱毛は、髭剃りに比べて怪我が少ないようだと、科学者は説明しています。以前の研究では、陰毛の除去が性感染症にも有利であることがすでに示されていました。

参加者のほとんどは、陰毛を取り除くために何を使用しましたか?
最も一般的な脱毛方法は、通常のカミソリであり、電気かみそり、はさみ、ワックスがけと続きます。より頻繁に脱毛すると、怪我のリスクが高まります。女性と男性が定期的に (年に 10 回以上) 陰毛をすべて除去した場合、最もトラウマが発生しました。 (なので)

タグ:  ハル・トルソー 症状