肉や乳製品も心臓の健康を強化する

新しい研究によると、果物、野菜、ナッツだけでなく、加工されていない肉や乳製品も心臓に健康です。ただし、研究結果を肉の過剰摂取の許可と見なすべきではありません。 (画像: bit24 / fotolia.com)

新しい国際研究: 健康な心臓のための植物性食品だけではない

新しい国際研究によると、果物、野菜、ナッツなどの植物由来の食品だけでなく、加工されていない肉や乳製品も心臓に健康であることが示されています。しかし、健康の専門家は、これらの研究結果を肉の過剰摂取に対する大げさな判断と見なすべきではないと指摘しています。

'

野菜料理は心臓に良い

さまざまな科学的研究により、植物ベースの栄養が心臓の健康に有益であることが示されています。たとえば、研究者たちは、全粒穀物とナッツを多く含む食事が心臓病のリスクを減らすことができることを発見しました。野菜やバナナやアボカドなどの特定の果物をたっぷり使った地中海料理も、心血管疾患の予防に役立ちます。新しい研究により、特定の非植物性食品も心臓に良いことが示されました。

新しい研究によると、果物、野菜、ナッツだけでなく、加工されていない肉や乳製品も心臓に健康です。ただし、研究結果を肉の過剰摂取の許可と見なすべきではありません。 (画像: bit24 / fotolia.com)

未加工の肉と乳製品で寿命を延ばす

乳製品は飽和脂肪のために心臓に良くないと長い間考えられてきました。

しかし、テキサス大学の科学者は、数週間前に発表された研究で、ヨーグルト、チーズ、バター、牛乳に含まれるそのような脂肪を摂取しても、心臓病のリスクが増加しないことを発見しました。

肉の消費も、以前に想定されていたよりも明らかに問題が少ないようです。

果物、野菜、ナッツが心臓に健康で寿命を延ばすだけでなく、加工されていない肉や乳製品もあることが、大規模な国際的研究によって示されました。

これは、ドイツ心臓病学会 - 心臓および循環器研究 e.V. が Information Service Science (idw) によって発行したメッセージで報告されています。

精製された炭水化物の消費を制限する

心臓に良い栄養は、多くの人が考えているものとは異なることがよくある、と博士は言いました。ハミルトン (カナダ) の McMaster 大学の Salim Yusuf が、ミュンヘンで開催された欧州循環器学会に出席しました。

「例えば、私たちの結果は、乳製品と肉が心臓を健康にし、長寿に貢献することを示しています。これは、従来の食事に関する推奨事項とは異なります」と、PURE 研究のプレゼンテーションで専門家は述べています。

しかし、Yusuf 教授は、未加工の肉だけが心臓に良い食事の一部であると指摘しました。

さらに、精製された炭水化物の消費量を制限する必要があります。精製された炭水化物は、ほとんどが繊維を取り除いて工業的に処理されました。

このようにして、全粒粉は精白小麦粉になり、サトウキビやてん菜は家庭用砂糖になります。

50カ国のデータ

これらの結果に到達するために、科学者たちは 5 つの大陸の 50 か国以上からの 218,000 人以上の参加者を対象とした 5 つの研究の結果を分析しました。

9.1 年の平均観察期間の後、6,821 件の死亡と 5,466 件の心血管イベント (心血管疾患、非致死性心臓発作、脳卒中、心不全による死亡など) が発生しました。

ジャーナル「ランセット」にも掲載された PURE 研究の目的は、心臓の健康と長寿を促進する現代的かつ国際的な食事の構成要素を特定することです。

「心血管疾患の予防のための良質な食事に関する推奨事項は、多くの場合、高所得国で数十年前に実施された研究に基づいています」と Yusuf 教授は述べています。

今日、世界中の人々が何を食べ、それが心臓の健康にどのように影響するかについての情報はほとんどありません。

新しい研究の結論: 果物、野菜、ナッツ、魚、乳製品、肉を中心とした食事をしている人は、心血管疾患を発症したり、それによって死亡したりするリスクが最も低かった.

肉の過剰摂取は無免許

「心臓病学の観点から、これらの結果は過剰な肉の消費の許可として解釈されるべきではありません. Ulf Landmesser (Charité、ベルリン) が研究結果を発表しました。

「この国際研究では、食事の地域差や食料の入手可能性も考慮に入れる必要があります」と医師は述べた。

「心臓病の医学的観点から見ると、裕福な国では全体的に肉の消費量が多すぎる傾向にあり、脂肪含有量は多すぎてはいけません。たとえば、脂肪分の多いチーズは理想的ではありません。」

いずれにせよ、結果は過度に解釈されるべきではありません。「これは観察研究です」と Landmesser 教授は言います。

「これらは、栄養学的介入などの特定の介入の有効性が調査され、たとえば、この介入なしの対照グループと比較される介入研究ほど意味がありません。」 (広告)

タグ:  薬用植物 内臓 Hausmittel