新しい研究: 大きな通りに住むと認知症のリスクが高まる

ドイツでは通勤者がますます増えています。研究によると、通勤は環境を汚染するだけでなく、健康上のリスクも伴います (写真: Ralf Gosch / fotolia.com)

研究者たちは、道路交通と認知症の間のリンクを発見しました
ロードノイズは健康に害を及ぼす可能性があります - 研究はこれを繰り返し示しています。たとえば、空気が悪く、騒音が多いと、血圧が上昇し、抑うつ気分を引き起こす可能性があります。カナダの研究者は、交通量の多い道路の近くに住むと認知症のリスクが高まる可能性があることを認識しています。科学者たちは、その結果を雑誌「ランセット」に発表しました。

'

騒音と公害は健康被害です
にぎやかな通りに住んでいる人は、神経変性疾患のリスクが高くなりますか?カナダのオンタリオ州の保健当局のホン・チェンが率いる研究者は、現在、この問題に取り組んでいます。大規模な研究で、チームは永続的な通りの騒音や大気汚染への暴露と認知症、パーキンソン病、多発性硬化症の発症との間に関連があるかどうかを調査しました。

非常ににぎやかな通りに直接住んでいる人は、認知症を発症するリスクがわずかに高くなる可能性があります。 (画像: ラルフ・ゴッシュ / fotolia.com)

研究者は、病気のリスクに対する居住地の影響を調べます
保健当局がプレス リリースで報告したように、プロジェクトの研究者は、カナダのオンタリオ州に 10 年以上 (2001 年と 2012 年) 住んでいた 20 歳から 85 歳までの約 660 万人の成人を観察しました。郵便番号を含めると、調査の参加者のほぼ全員 (95%) が主要道路から 1 キロ未満の距離に住んでおり、その半数が半径 200 メートル以内に住んでいることがわかりました。

243,000人以上が認知症を発症
科学者たちはまた、医療記録を分析して、その時間に神経変性疾患を発症した人の数を調べました。調査の過程で、243,000 人以上が認知症になったことが判明しました。その間、31,500 人がパーキンソン病になり、9,250 人が多発性硬化症になりました。

居住地が通りに近いことが病気のリスクにどの程度影響するかを評価できるようにするために、科学者は被験者をさまざまなグループに分けました。 .専門家は、教育レベルや体格指数 (BMI) など、他のリスク要因も分析に考慮しました。

道路のすぐ近くでリスクが7倍
パーキンソン病と多発性硬化症の発症は、居住地が通りに近いこととは無関係であることが判明しました。しかし、認知症の場合は状況が異なります。研究者たちは、賑やかな通りから 50 メートル以内に住んでいる人は、離れたところに住んでいる人よりも病気のリスクが約 7% 高いことを発見しました。

報告書によると、アパートと通りの間の距離が50~100メートルの場合、認知症のリスクは4パーセント高く、101メートルから200メートルの距離では、認知症のリスクは依然として2パーセント高い。結果によると、200メートル以上離れた場所に住んでいる人はリスクが高くなかった、と保健当局は続けた。

さらなる研究が必要
研究者によると、道路のすぐ近くで病気のリスクが高まる理由の 1 つは、結果として細かい粉塵と二酸化窒素の値が増加したことである可能性があります。しかし、他の要因を追加する必要があるため、専門家の反対.たとえば、ロード ノイズやその他の汚染物質が発生する可能性があります。

プレスリリースによると、「私たちの研究は、にぎやかな通りが環境汚染の原因となり、認知症の発症を促進する可能性があることを示唆しています」 「この関係を理解するには、特に大気汚染物質や騒音などの交通のさまざまな側面の影響に関して、より多くの研究が必要です」と専門家は述べています. (番号)

タグ:  他の ハル・トルソー 記事体広告